まさかの顎関節症

投稿者: | 04/01/2018

最近、まさかの顎関節症になってしまいました。
あごのかみ合わせの部分に炎症が起こって、とんでもない激痛と口が大きく開けられなくなる症状が出ます。

最初、虫歯か歯茎の炎症かと思って歯医者さんに行ったんですが、口内には問題が見られず…。
口を開ける時に痛む場合は、ほとんどの場合歯ではなくあごが原因だと先生に言われました。

初めてこんな症状が出たので、びっくりです。
子供のころから歯には気をつけていて歯医者さんとは無縁の生活だったので、ついに虫歯かと若干ショックだったのが覆ったのはよかったのですが。

原因として、頬杖をついたり机にあごを乗せてスマフォを見たり本を読んだりする姿勢をすると歯が口の中で噛み合わさり、あごの付け根に負荷がかかって起こるらしいです。
この二つの動作、間違いなく私が日常でやってる事なので、ぐうの音もでず。それ以来、怖くて頬杖がつなくなりました。

とてつもなく痛い思いをしたので、これから頬杖をついている友達を見たら絶対注意してしまうと思います!
意外に簡単になってしまう病気だとわかったので、言わずにはいられないです…。

痛いだけではなく、口が大きく開けられないので食事も思うようにできないし、口に入る薄いものでも硬いと噛めないしで、直るまで苦労しました。
今後一生、絶対に避けて通りたいです!