ちょっと怖いと思ったブログ

投稿者: | 04/07/2018

今はブログという形で様々な人が自分の日常や考えていること、意見を不特定多数に発信することができるようになっています。

だからたまたま目にしたブログで怖いな、と感じることもあります。

摂食障害の方のブログ。

中には一生懸命克服しようと病院に通ったり、入院をしたり、普通になりたいと願って努力をしている人もいます。

そういう人は応援したくなります。

でも「治りたい」と言いつつ病院には通いたくはない、入院もしたくはないという人もいます。

自分の体の一部の写真をアップして、「こんなに太っている」という人もいます。

写真を見る限り、骨と皮しかないように感じるので、きっと飢餓状態だから自分が異常だって分からないんだろうな、と思ってしまいます。

本人にしか分からない辛さはあると思うのですが、医師のアドバイスを無視したり、通院をしなかったり、通院をしても途中でやめてしまったり。

それで治りたいっていうのはどうなのかな?と思ってしまいます。

そういうブログにコメントをする人たちも同じ考えの人が集まるというのも恐ろしいです。

誰か1人でも心から応援をしてくれる人がコメントをすれば、通院や入院を決意出来るんじゃないかなと思います。

大抵賛同をするコメントばかりなので、怖いなと思いました。