大谷翔平について思うこと・・・

投稿者: | 16/07/2018

なんだか列島の大谷フィーバーの熱もすっかり冷めてしまった様に感じます。

日本人は熱しやすくさめやすいとよく言われますが、まあどこの国でも大衆は飽きっぽいものであり、かくいう私の中でも熱が冷めているのを感じます。

その原因はサッカーWCがあったからなのか、大谷が手術をしないでDHだけで中途半端な成績しか残せないのかはわかりません。

きちんと手術をして、復帰は2年後になるかもしれないですが、その方がいいと思いますし、それまで走りこみを含めた体づくりをして2年後に備えた方がいいと思います。

今の中途半端な状態でDHとして打席に立ってもバッティングの時に肘に負担がかからないわけありません(テニスでもテニスエルボーというものがあるのですから)。

大谷が肘をやる前からどことなく体の線が細いと思っていたのですが、休養期間はいい時間だと割り切って体づくりに当てた方がいいと思いますし、このまま出場を続けても肘が悪くなるばかりか、バッティングの時に無意識に肘をかばい他の箇所に負担がかかるので肘以外の場所を負傷すると思います。

もともと肘を悪くしたのも下半身のトレーニング不足から肘に負担がかかったためであり、その悪夢を繰り返すだけだと思います。

決断が必要だと思いますし、まだ全然若いのですから2年くらいどうという事はないと思うのですが・・・。