誰かが気付いていただけるだろうと思っているヤツ

投稿者: | 23/12/2018

困ったことがあっても自分で対処をする、到達をさせるということが苦しみだと憧れ、誰かが気付いて得るのをひたすら迎えるヒトっていると思います。
それぞれ1人ではどうにも出来ないとしても、先に気付いたのであれば誰かに伝えればすむだけの仕打ちなのに、それすら行わずに迎える。
そういったヒトって面倒な側だと認識されることがあるそうです。

確かに言えばいいのに、ということが多々あります。
家電などが壊れてしまったところちょっと話をすれば、修繕の手配をしてくれたり、携帯を教えてくれるということもあります。
それなのに何も言わないは少々卑怯な気がします。

多分黙ったままで誰かが気付いて受け取る、できると思っているヒトは何でもそうと思います。
自分で手配をするのは面倒だから黙って仕舞う。
機具がなくなっているのに、誰かが気付いてくれて申し込みを通じていただけるのを迎える。
気付いたヒトが行うべきことも黙ったままでいられると、そばは災難だと感じてしまいます。

いざ使おうと思ったところストックがなくて使えなかったり、ということもあるかもしれません。
人任せで片づけようとするヒトは昔からそんな性格なんだろうなと思います。
任務でそういったヒトには絡みたくはないと思ってしまいます。