エラーを秘めることが後で分かった『ワンダフル・くらし』

投稿者: | 05/01/2019

アメリカの古アニマルサイエンティストスティーブン・ジェイ・グールドが著した『あっぱれ・生涯』は、カンブリア紀のアニマル群を改めて世間にアピールし、人気にしたことで知られています。但し、本書が出版された当時には、アジャストビジョン挿画やアニマル仕分に不明点・不正確な条目がまだまだ多くありました。その頃の発表物質ですので、精度に欠けることに注意しなければいけません。

たとえば、カンブリア紀の鳥獣といってもビジョンをはるかに超えたアニマルばかりという訳でも無く、現代の仕分にさまざま当たるというのが現在の常識です。

但し、本書では全く新しいクラスの特別な鳥獣であると強調されていました。ひいては、上げ下げが逆さに復元されたビジョン挿画が載っていたり、性格を含む脊椎動物のおじいさんと紹介された鳥獣がじつはそうではなかったと判明していたり行なう。もちろん出版された当時は最新の発明職歴でしたが、今となっては古く誤った知らせなのです。

ところで、発明が進んだ目下において『あっぱれ・生涯』がどこまで有用な記録なのかを考えるための読物も見られます。

今から『あっぱれ・生涯』をよむに関してには、最新の発明では落ち度が判明して掛かる条目を含むと知ったうえで読まなければならないでしょう。