いっぱい食べることの無意味さ。

投稿者: | 01/09/2017

なかなか治らない胃腸のリズム。

わたしは最近、食べ過ぎないようにを心がけています。

食べ過ぎないこと、味わって食べること、おなかがすいていないのに食べないこと。

おいしそうだからと食べないこと。

最近思うのです。わたしの体の不調はすべて食べすぎからきているのではないかと。

栄養士さんに相談にいったところ、一日にたべるタンパク質の量ってものすごく少ないですよね。

けれど、それで足りているってことですよね。

残りの空腹とかんじる部分は野菜でうめるように言われました。

野菜はいくら食べてもいいよ?と。

確かに野菜っとそんなに食べれないですもんね。

そして、気をつけること数ヶ月、確かに気をつけて食べると、食べる量ってものすごく減ります。

なんにもかんがえないで、勢いで食べるといくらでも食べれるんですけど、それって本当に無意味なこと。

そのときだけ満たされる、本当に無意味なことだと思います。

まぁ、これは主人にむけて言いたいんですけどね。

おなかいっぱいたべたい、小鉢から食べるとおなかがいっぱいになってメインがいっぱい食べれない、え、それのなにがいけないの?

そもそもいっぱいたべることが目的になっていることがずれているという自覚がないんでしょう。

まぁ、そんなことを言っているわたしもここ2、3日おやつについつい手が伸びてしまうので、節制したいと思います。